IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

過去にPSSは赤字決算(但し、今回は黒字決算で初配当、初自社株買い)でもSTOP高になる。

PSSが市場に出回る株式数が27、666千株(四季報夏号1502頁)で少なくさらに自社株買いをすれば、さらに少なくなる。

業態が異なるが、例えばアンジェスは146、922千株(四季報夏号780頁)でPSSより5.3倍の株式数が市場に出回っている。ここは万年赤字決算で、ワクチンが成功しない限り、低迷を続けるだろう。

それゆえにアンジェスの発行株数の5分の1がPSSの株式数で希少性が上昇を約束している。


「アンジェス 現株価 736の5倍=3680がPSSの株価相当となる。」


さらに自社株買いで希少性がアップする。

10月に自社株買いがあれば上昇が想定されるので、今が大安値で買いだね。

売れば必ず買う人が現れる。

10月自社株買いを前に、17日(火曜日)は火を吹くだろう。



PSSがストップ高、7〜9月決算は「積極的な赤字」
2014/11/17 11:04 会社四季報ONLINE

 プレシジョン・システム・サイエンス(PSS、7707)が大幅続伸。前週末比150円高の1147円と制限値幅上限のストップ高水準まで値を上げた。午前11時18分時点でジャスダック銘柄の売買代金ランキング7位。14日に発表した2014年第1四半期(7〜9月)決算は営業赤字拡大だったが、主要因は第2四半期(10〜12月)に販売開始を目指す遺伝子診断装置に関する研究開発費だったため、「積極的な赤字」(市場関係者)と前向きに受け止める声が聞かれる。

 同時に米アボット社向けの製品供給契約と、これらに対応する目的で大館試薬センター(秋田県)の前倒し稼働を発表。「需要の強さがうかがえる」(同)という。8月中旬に中期計画を公表したことなどをきっかけに、株価は500円台から1900円台まで短期間で急騰。14日の一連の発表を受けて、「中期計画に沿った新事業が前倒し的に動き出した」(別の市場関係者)との期待も膨らむ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)