IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

尾身会長「抗原定性検査、Ct値低い感染者の感度はPCR並み」
医療機関など職員数に応じて計800万個配布

2021年5月8日 小川洋輔(m3.com編集部)

 政府の基本的対処方針分科会の尾身茂会長は5月7日夜、緊急事態宣言の延長などを決定した政府対策本部後の記者会見で、「抗原定性検査でも、Ct値が低い人に対する感度はPCR検査と変わらない」と述べ、医療機関や高齢者施設の職員への検査に抗原定性検査キットを積極的に活用するよう訴えた。政府は5月中旬を目途に抗原定性検査キット800万個を確保し、職員数などに応じて医療機関や高齢者施設に配布する計画だ。

 尾身会長は高齢者にワクチンが行き渡るまでの間、政府に求める対策として以下の7項目を示した。
1.抗原定性検査キットを活用し、無症状者を含め積極的な検査を実施
2.診療所の役割強化と災害医療としての国の関与
3.大きなリバウンドを防ぐため、早期に強い対策を打つ
4.高齢者のワクチン接種を迅速かつ確実に実施
5.変異株を踏まえた水際対策の強化
6.飲食店の認証制度の強化
7.若者との対話型コミュニケーションの強化

  • >>925

    特に(1)の抗原定性検査について、尾身会長は「感度・特異度も随分改善して、供給量が多く、値段も安い」と利点を説明。2次感染のリスクがあるPCR検査のCt値が低い感染者では、特に効力を発揮すると強調した。「感染が少ないところで検査をすると偽陽性が増えると言われてきたが、感染が定着したところでは問題がなくなるというエビデンスがある。サイエンスだから根拠がないといけないし、医療関係者の納得感が必要だったが、ここに来てやっと決まった」と、専門家の間での議論を経て活用に向けた方針が決まったことを説明した。5月6日の厚生労働省のアドバイザリーボードで、尾身氏らは関係資料を提出していた(『「抗原定性検査の活用」でクラスターの大規模化防止を』を参照)。