ここから本文です

最新の四季報ではテクノクオーツ同様「😊会社比強気」と出
ているが、テクノクオーツは20年03月期は半導体装置、
「一転急減、部品、内外共に細る」とあります。これは言わず
もがな、トランプの仕掛ける米中貿易戦争の影響をもろに受け
ているという意味でしょう。

恐らく今期に限れば、上方出しても良いでしょうが、今後を考
えると半導体装置に関しては子会社のテクノクオーツは下方に
近い内容になると思われます。但し、米中協議がうまくいけば、
4末には上方、うまくいかなければ「無し」という瀬戸際のライ
ンかと見ております。上方有りと確信できない限り、買い増し
は控えております。今後の米中協議に注目ですね!

※ どう考えても、トランプが世界経済を後退させている、奴
を早く引きずりおろしたいものだ!あのバカのおかげで経済だ
けでなく、シリアでは民主化運動家たちが危機に瀕し、多くの
婦女子が犠牲になっている。米国のトップの影響が民衆に犠牲
を強いている現状は何とかしなければいけない。