IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

<<105
ご懸念の血液回路不具合品の回収は、不幸中の幸いというか、大半がすでに使用済みとなっており、残品のみの回収となるため費用はごく少額で済むとのこと。

またコロナ影響は、生産および国内外マーケット面でゼロではないが、軽度であり、来期業績への影響はさしてなさそうとの印象(フィリッピンの工場は4月中旬に再開、近々フル稼働、中国展開は工場、市場ともに支障なく、シンガポール、ドイツも同様)
来期に向かって、当節数少ない健康体企業としての活躍を期待したいものです。