ここから本文です

連日売られていますが、別にビジネスモデルが崩壊するようなIRが出たわけでもなく、他の新興市場株も決算後に売られているものが多く、それに連れ安している側面が強いと思います。そういう場合、株価が下がるほどリスクは低くなり、期待リターンは高くなります。
PERは6.4倍、配当利回りは3.7%になりました。心配する必要はないと思います。

・3月決算で3Qの経常利益は前年同期比73.2%増で過去最高
・通期予想に対する経常利益の進捗率は93.4%で過去5年平均70.0%に比べて高く、業績上方修正(もしくは上振れ)の可能性が高い
・来期以降も国内事業は新規出店・増床・改装等、海外事業は東南アジア・インド・中東・オセアニア等への進出により、さらなる成長が期待できる
・自社株買いを実施中(1月末現在の残り枠5.9億円)

・過去3年間の3Q累計決算の推移
(百万円) 売上高 経常利益 純利益
17.04-12_10,532   438   40
18.04-12_12,324  1,462   633
19.04-12_14,146  2,532   1,412
前年同期比+14.8% +73.2%  2.2倍

・今期(20/3期)の業績予想
(百万円) 売上高 経常利益 純利益 EPS(円)
会社予想  18,400 2,710  1,770  108.6
四季報予想 19,400 3,000  2,000  126.5

・今期の会社予想達成に必要な4Q経常利益は178百万円
・前期の4Q経常利益は926百万円、今期の1Q平均経常利益は844百万円
・2/10付、白石会長のコメント
「よって、第4四半期も前年を大きく上回る業績が見込まれておりますのでご安心ください。したがって、来期につきましても継続的に業績の拡大が続く見通しです。」

・2/14現在の株価指標
会社予想PER  7.5倍
四季報予想PER 6.4倍
配当利回り 3.68%(3月期末一括)