ここから本文です

四季報より

『反転増』
物販伸びるも、営業日・営業時間変更など響き飲食の客足軟調。
営業減益。
20年3月期は、柱の飲食が前期同様国内出店ゼロ。
客数停滞続くも客単価上昇で補う。
物販の堅調続く。
営業益は回復途上。

『集客策』
19年に55周年迎えるうかい鳥山はドローンなどで
撮影の四季の自然映像をSNSで発信。
1月開店の台北店は和食文化発信、
国内店への訪日客増にもつなげる。