ここから本文です

デポ側としては10.5%もの売上減少であってもIRでは「影響は軽微」と言うでしょうね。
運用会社からも次々見放される中で自分から「切羽詰まってます」なんて言う訳がない。
高額解約料は75歳以上でないと無料ではないようなので、気にくわないながらも解約料払うのが馬鹿らしいと渋々今は我慢して継続している方も多いのではないかと思われます。
なので、いきなり大幅な利益減少・8月の数字に反映は考えにくい。
しかしそんな 中で8月後半の約半月で10.5%の減少。
この数字をデポの言葉通り軽微ととるか、重く見るか。

今後デポのプレミアムサービスへの対応として、電話・DM等で顧客とコンタクトを取り、コース変更等も順次行っていくとされていることから下期は普通に現在よりも減少幅が増えるように思います。

顧客の信頼も掴めず、これまでの流れから逆に叩けばまだまだホコリが出そうな雰囲気の中、どうなっていくのでしょうね。