ここから本文です

義塾がどういう対応をしたか。(即クビ)

その後、学会に復帰できたか?
どこも手を出さなかった。
少なくとも、そう言う扱いだ、とは言えよう。


>>准教授は、同社が05年ごろに疑似通貨「円天」を始めたころから「おかしい」と思い始め、今年5月の講演を最後に関係を絶った。「自分の研究が悪用されたとしたら許し難い。消せるのなら消したい過去だ」と言う。<<

関係を経った、と言うが、この2007年5月と言うのは既に現金配当を停止して円天払いになり、バンキシャで大々的に報道された月だ。
テレビで報道されるまで広告塔としての活動を続けていた、とも言える。