ここから本文です

>>272

梅の花は26日、監査法人から店舗の固定資産の減損処理について不適切だった疑いがあると指摘を受け、有識者で構成する第三者委員会を設置したと発表した。2019年4月期や過去の決算内容について、今後修正する可能性があるとしている。
19年4月期の決算発表後、監査法人の指摘を受けて発覚した。対象となる店舗の数や規模については明らかにしていない。外部の弁護士ら4人で構成する第三者委が調査し、結果や再発防止策を報告する