ここから本文です

こんばんは。
エクセルはこの数年間で大幅な売り上げ減少と経常利益の減少に見舞われています。
取引先企業はシャープやジャパンディスプレイ、アルプスアルパイン。
昨今の経済、半導体商社業界の環境から見ても致し方ないと思いますし予測できた状況だと思います。7/30に開示された第1四半期決算短信を皆さんにも確認して頂きたいのですが、ついに営業・経常利益も赤字になり本業で利益が出ていない状況になりました。
保有有価証券を売却して純利益をなんとか黒字に保っており、先行きは暗く、株価は、今年3月末の2,643円をピークに下落、第1四半期決算短信発表後はさらに下値を切り下げる苦しい展開が続いています。
保有有価証券売却による利益計上も残すところおよそ30億円程度かな?企業の業績面を重要視して売買される方はどんどんと去っていき、この掲示板も寂しい状況です・・・。
M氏から経営陣は相当つつかれているのではないかと想像してしまいます。
このような状況下でエクセルの将来を悲観せずコツコツと買い増ししていく私は相当な半導体商社好きだと思います^^ここからさらに30%程度下値を切り下げたとしても私はニッコリと笑顔でいられるのでしょうか?
大河に彷徨う笹舟になった気分でしばらく流れに身を委ねようかなと思っています。
蓬莱山に辿り着くのはいつのことやら・・・