ここから本文です

1,700円どころまで我慢せないかんな、村上介入は株価にメリハリをつけるには充分だが
ここの業績予想に至ってはやはり信頼性がないのかトラウマもどきの売り加勢相場に
なってきた、買い方にとっては村上氏頼りになってきた、まな板の鯉である。
ただ一途の望みはある、この手の株はある日突然急騰することもあるが・・いつの日か?
吾輩も資金の3分のⅠを投じているので只々無念。