IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

決算短信から読み取れるのは、
売上の比率からして、減収となった要因のほとんどがプロユース向けだと分かる。
住宅の着工はコロナの影響をもろ受けた。

いわゆる、一般層向けのホームユース部門は
売上が減っているものの、ほぼ変わらない程度だったことがわかる。
むしろ、EC比率が高まり利益率は成長している。

営業していたホームセンター単位でのガーデニング関連の売上は伸びていたとしても、
他のチャネルの影響が響いたとも読める。

WEBサイトのPV数の増加やEC率の上昇はライトな層を発掘したことを示している。

アフターコロナの現状では、
巣籠もり期間中で捕まえたライト層の伸びと既存のユーザー&住宅着工におけるプロユースが加わるので伸び率は高まる。

ガーデニングは、コロナ期間中ではなく、
コロナ期間中に捕まえた新たな層と既存の市場が活性化する、アフターコロナ関連だということを間違えないように。