IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>260

IRの提供先である投資家にとって最も関心がある(治験費用の先行投資の)業績影響を示すとなぜホルダーに対してふざけていることになるのか、事業の進捗である治験の体制を投資家に開示すると、なぜ医局に訪問する口実になるのか?元業界の方が言うことは難解だな。

  • >>265

    業績の影響が軽微と表現されているが、これってプラスになるの?それともマイナスなの? 時期的にいつ頃どうなるの? 
    どんな治験なのか長くなるので省くが再生医療のips細胞と比較できるか疑問だが、さきの長~~~い、長~~~い話!浦島太郎が好きなら大いに結構。

    個人的には前に発表された無呼吸症候群のデバイスや人工血管の新しい製品の方がはるかに業績に影響あると思うよ。そろそろIRの時期じゃないのか? ただし、株価の影響が軽微か分からんけど今回のよりよっぽどましだわな。

    コロナ下で医局含め病院が以前とは違うのは想像できる? 単なるルーティン営業で簡単に訪問できる状況に戻った? そんななかで今回の治験に興味ある先生に会いやすいとは思うよ?

    自分は厳密にいうと完全な”元”でなく今もそれなりに少しは業界の仕事はさせてもらってる。