ここから本文です

短期勝負の機関投資家などの思惑で一時的に株価が下落したとしても、日本ライフラインの将来性向上姿勢に
何ら変わりはありません。株式を売買する取り巻きが変わっただけのことで、日本ライフラインは、日本ライフラインです。この会社の高い収益性が継続する限り一時的な株価下落など気にする必要はないと思います。
当たり前ですが、これからも応援し続けます。