ここから本文です

>>5

>個人がそんなに空売りできるかな

まさにそこが問題ですね。私は「個人の空売りのオーバーシュート」と書きましたが、翌日強制決済が前提である日計りの空売り(だけ)では今回の下落は説明できないと思います。きっかけとして何か大きな仕掛けが無いと難しいでしょう。問題はその「きっかけ」を作ったのは何かという事です。

ご承知の通り「空売り」というのは「売ったふりをする」のではなく「株を誰かから借りて実際に売る」という行為です。ここで重要なのは「誰が売ったか」という点ではなく「誰が貸したか」という点です。この視点からここ数年の大株主構成の変異を眺めていて私が一番気になったのは、昨年の期末報告書の大株主であり、今期の中間報告書では消えている「カブドットコム証券」です。

私はカブドットコム証券の口座を持っていないので最新のカブドットコムの一般信用売建在庫がどの程度なのか正確に分かりませんが、一応、下記のような在庫数推移を集計しているサイトがありますので、このサイトの数字を信じるなら、今回の下落要因がある程度見えてくると思います。

ttp://96ut.com/stock/kabucom.php?code=7575

----------------

長々と書きましたが、私が言いたいのは「株価の下落がファンダメンタルな要因になければ(私にとっては)売る理由は特段無い」という事です。例えば、医療費高騰対策で保健医療制度が抜本的に変わり「医療機器の価格改定制度が2年に1度から毎年になる」なんてのが出てきたら私も考えます。ただ、それもこの会社にとっては有利に動きそうですが。

許容できうる損失額は人それぞれなので、語れば語るほどポジショントークにならざるを得ないのですが、「空売り」というのは未来の買い需要でもありますし、相場の形成には必要だと思いますので、私は今回の仕掛けをそれほど恨んでもいません。今回の派手な下落でこの会社のことを初めて知り、この週末で検討を始めた人も少なからずいると思いますし。

よくある「信用残が多いと狙われる」という物言いも、株式投資の一面的な見方に過ぎないと思っています。事実、大株主である片山さんの大量保有報告書を見ても分かるように、彼はここを信用買いで積み立てて一財産を築いています。信用だろうが現物だろうが、自信のある人は握ります。

7575 - 日本ライフライン(株) >個人がそんなに空売りできるかな  まさにそこが問題ですね。私は「個人の空売りのオーバーシュート」と