ここから本文です

昨日の敵は今日の友。総悲観で投げ売りするまでの株ではないし。相応のバリュエーションまで下げたら止まるでしょう。売り手もどこかで手仕舞いする訳だし。その手の人が弄んでもそれはトランプ程のリスクにはならない。今日はどこまで売り込むのか静観ですね。