ここから本文です

●東京エレクトロン、エッチング装置など半導体製造装置が好調

 東京エレクトロン <8035> は7月26日、19年3月期の第1四半期(4-6月)連結決算を発表した。売上高2955億6900万円(前年同期比25.0%増)、経常利益752億1200万円(同36.4%増)、最終利益557億4100万円(同35.1%増)と大幅増収増益だった。ビッグデータやIoTの普及で世界的にデータセンター向け半導体メモリー需要が旺盛で、エッチング装置など半導体製造装置が好調なため収益を牽引している。19年3月期の通期業績については、売上高1兆4000億円(前期比23.8%増)、経常利益3660億円(同30.4%増)、最終利益2700億円(同32.1%増)を見込んでいる。

親分は元気そう。子分はどうなんかな?