ここから本文です

この時間、一時的かもしれませんが、大田花きが75円高で値上がり率上位に顔を出しています。

この水準まで上昇すると、先日の安値で買った方の利食い売りが多少出てくると思いますが、依然として『実質的な』浮動株が少ない状況に変わりなく、当面は株価が乱高下する可能性があります。