IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>76

コロナ環境下において、もはや株主優待制度云々の状況ではありません。

この状況で優待制度を充実したところで、会社として利益にならない株主だけが喜ぶだけであり、それにコストを掛けるならその他一般のお客様への誘致にコストを掛けるべきである。
生きるか死ぬかの情況では、限られた資源を有効に優先順位を明確にして、集中することが肝要です。