IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

大幅反発。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は20.6億円で前年同期比2.2倍の水準となった。上半期計画の17億円、同1.1%増を上回った。通期計画は据え置きで50億円、前期比30.8%減を見込む。パソコン周辺機器やゲームのほか、加湿器や空気清浄機などの季節家電が好調に推移、テレビなども堅調に推移している。新型コロナ感染拡大下でも、巣ごもり需要の拡大で業績は底堅い推移が継続するとの見方も。