ここから本文です

・服装は職種や生活に合わせて選択される。スーツやジャケット+ネクタイが必須の職種は無くならない。相手に対する礼儀(姿勢)や学問に対する姿勢・自己管理の意味でも適切な服装が必要となる。解らん人には申し訳ないが、日本は当分そんな国。
 「服飾業界も、このような社会全体を見て品揃えを展開すれば、いくらでも成長できるよ。裸で生活する人はいないからね。
 それと、「スーツの販売数が下降したのは、2年で買替えていた人が3年4年になったから。収入が減ったことと、品質が向上したためだよ。」と足利の日の出さんが言ってましたっけ。市場牽引ではなく、市場に寄り添う意識が必要だそうだ。
「2020年は横浜企業だ。」とも言っていた日の出さん、・・・・・今いずこ。