ここから本文です

人間は、衣・食・住、
いずれが無くても生きては行けない。

そのうち、衣は大昔は体温を維持できれば、目的は達せていた。
現代では、状況、シチュエーションによって、着るものは変わりますが、
冬は冬の、夏は夏の衣料が必要です。
単価は安けれど、それを求める人は必ずいる。
役割を果たし適切な利潤が得られます。

必須な産業であるだけにライバルは多い。
それゆえに難しさはあるがものの、
この業種が途切れることは、決してはありません。