ここから本文です

チャートから、わかることとして、
うまく行けばダブルボトムを付け、その後反転できそうな可能性がみえてきました。
しかし、ダブルボトムができなければ、一段の下げも。

会社四季報をみていると、
売り上げは、順調に増加傾向を予想。現状、お客離れの兆候はなさそう。
一方、純利益は、12年、13年に対して、減る予想。コストがかさむといういことでしょうか。

同業他社と比べても、
地味ではあるものの、その分、株価も割安水準、PERはなんと3倍程度。

投資対象としては、失望する必要はなく、要経過観察といったところでしょうか。