ここから本文です

同社はこのように安定した財務体質を維持しつつ株主還元にも積極的である。2015年8月期には通常の年間配当(50円)に加え、創業100周年の記念配当50円、合計100円の年間配当を実施した。この結果、当期純利益(単体ベース)に対する配当性向は107.5%となった。さらに期中には公開買付けにより100万株(1,500百万円)の自己株式の取得を実施しており配当金と合わせた総還元性向(単体ベース)は153.8%となった。また2016年8月期にも年間50円配当を実施、単体ベースでの配当性向は52.5%となった。