ここから本文です

医療白衣の首位メーカー 配当性向も高く株価上昇期待膨らむ
NEWS ポストセブン 12月18日(木)7時6分配信
「師走相場」で株式市場も活況が続いているが、毎年冬になるとテーマ化するのが、医療関連銘柄だ。その中でも特に注目の個別銘柄は何か。『ゼロからはじめる株式投資入門』の著者である、フィスコ・リサーチレポーターの三井智映子氏が解説する。
・・・・・中略・・・・・
 毎年冬場にテーマ化する医療関連の異色銘柄として、ナガイレーベン(東証1部・7447)をピックアップしたい。看護師、医師、患者向けなどの医療白衣に特化したメーカーで、制電・抗菌加工などで優位性を持ち、看護師向け白衣において国内シェア6割超を誇る。
・・・・・中略・・・・・
 それもあって、業績はいたって堅調だ。2014年8月期の連結決算は売上高が162億1400万円(前期比3.8%増)、営業利益が49億2300万円(同1.0%増)で着地。2015年8月期も、5期連続の過去最高売上高と6期連続の過去最高営業利益の達成を見込む。配当性向は5割と株主還元にも積極的で、目先すぐの急騰は考え難いが、堅実な成長を背景に緩やかな株価上昇が続くと思われる。長期保有にも最適だ。
※マネーポスト2015年新春号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141218-00000012-pseven-bus_all