ここから本文です

しかしながら、低価格志向の影響によるペットフード及びペット用品類の販売価額の下落は依然として継続し、在庫管理の徹底による適正在庫や業務の効果・効率化を進めたものの、配送費用の増加や労働人口の減少による人件費の増加などにより、販売費及び一般管理費は95億3千4百万円(前期比1.9%増)となり、営業利益は6千9百万円(前期比68.7%減)となりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前期の減益理由が上記の内容なのに、今期、ほぼV字回復の通期予想は信用できない。