IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

特別利益と特別損失

1. 特別利益の計上について
時短営業協力金 693 百万円を「協力金収入」として、雇用調整助成金 116 百万円を「助成金収入」として特別利益に計上することと致しました。

2. 特別損失の計上について
固定費 290 百万円を「臨時休業等による損失」として特別損失に計上致しました。
その主な内容は、休業者に支払った人件費、休業期間中の不動産賃貸料や減価償却費等です。

特別利益809百万、特別損失290百万・・・差し引き519百万の黒字

因みに前期は特別利益は受取補償金の70百万だけ、特別損失は248百万だから178百万の赤字

これだけで最終利益に与える影響は697百万の増益です。

それを考えると前期四半期赤字1113百万ー今期四半期赤字698百万=415百万しかないという事は?

697百万ー415百万=第一四半期最終損益は対前期比282百万の減益です。

なにがどうなった・・・・・・・。