ここから本文です

このところギャレー、ラバトリー事業の不調を隠すかのように シート供給やら貨物室床下構造材やら
の供給を発表している 将来はともかく特に現状のシート事業はギャレー、ラバトリー事業の足枷では?

現状 頼みは開発中「777-X」のみ、続く次世代機をめぐっては中型機「757」や小型機「737」など
後継機開発が取り沙汰されているが、小型機では 柱であるギャレー、ラバトリーの利益が見込めず
苦戦が続くと思う。
長期保有で考えれば、次世代機への買い替え需要はまだまだ期待できる
今は様子見、下がれば拾います。