ここから本文です

ある意味、現実的に損出額が大きすぎて肝心の自動車メーカーに見切られたのが現実でこれに尽きるのか、、、
主力取引銀行の三井住友銀行はタカタに対し、250億円の融資枠を新たに設けたと発表し、民事再生手続きが進む間も必要となる取引先への支払いなど当面の運転資金を融資することで、タカタの製品供給が滞らないようにするためだとしている。