IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

さあ、明日はシャープ一億男のテキストリーム上の記者会見やな。

これまで法的整理がありえない主張してきたた、かつ、20万株の所有者(シャープで稼いだ一億そのものをタカタに投資した)ってことでオッケー?

私は彼と異なり、タカタ家は債務額同意したのだろうなと見ていた。債務とは別に裏で合法的にお金をあげる手立て(タカタ家の豪邸を高値で買い取り)はいくらでもあるからな。重久もタカタのキャッシュフローを見て、従業員債権等を確認し、事業継続よりも、ほとぼりさめて生活することを選んだのだろう。全てはキャッシュフローにつきる。シャープ一億男が見誤ったのは子会社の売却にある。タカタが事業継続する気なら、子会社売却などしない。子会社売却をするのは事業継続を非前提とした、一時的なキャッシュフローのためだ。すでにサインは出ていた。悪いが見誤ったな。

しかしそれにしても重久ほか経営陣はこれで責任をとったことになるのか。民事はこれで手打ちだろうが、日本、米国の刑事捜査に手打ちはないはずだから今後の立件を楽しみにしています。彼ら経営陣にある程度の罪あったんじゃないかと俺は見る。

株価を踏み上げたときはびっくりした、相場操縦疑惑、売り禁禁止疑惑についても捜査してほしい。

元タカタ上場廃止まで売りを主張した売り方より。