ここから本文です

>>141

ホンダ系自動車部品メーカー、八千代工業は環境性能を高めた燃料タンクを増産する。燃料の揮発を防ぐ新製品を2016年度以降順次拡大し、17年度に樹脂製タンク全体の生産量で現在に比べて2割増を目指す。欧米や中国で自動車の環境規制が厳しくなることに対応。ホンダなどが北米や中国で発売する新車モデルで採用を見込む。 日経産業新聞