IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>3797

日経の記事はおかしいと思う。ことさら、減益を強調しているように見える。彼らは馬鹿か、悪意があるかのいずれかのように思える。

売上高が20%の増収となっている反面、営業利益が6%の減益となったのは(金額不明ながら)減価償却費の増加が主因で、新工場稼働に伴うものであり、ネガティブに捉える必要はないのではないか。また、純利益も2%の減益と言っているが、実額では96百万円の減益に過ぎない。この主因は前年同期の固定資産売却益11億円が無くなったためで、その他の特別利益・損失を考慮に入れても、実質は8億円程度の純益増加となっている。

経常利益は5%の増益となっており、この中には為替差益の増加分6億円が含まれているが、ハイレックスのように世界展開をしており、海外売上が70%を超す企業にとっては為替要因を含めた経常利益が最も大切な数値だ。

キャッシュフローの面では、手持ち現預金が437億円と前期末から34億円増加しているのに対して、有利子負債は同期間に9億円増えて、98億円に過ぎない。すなわち、ネットの現預金は340億円と依然、豊富な手持ち金だ。

結局、「20%増収、5%の経常増益」と書くのが正しく、2%減益と見出しに持ってくるのは「勉強しなおせ!」と言いたい。

尤も、保守的な予想をする会社のことだから、いずれ、通期の見通しは上方修正されるとみている。日系の見出しを見て、狼狽売りが出てくれば、買い増しの大チャンスではないか!