ここから本文です

今期見込で営業利益がなんとなくしょぼい水準で心許ない感じがするものの、減価償却費が多いことから営業キャッシュフローは意外と潤沢です。復配もこの辺の状況から可能と判断されたのだと思います。EBITDAで見ればしっかりした会社です。

ここ数年業績の回復過程があり、割と大規模な設備投資に踏み切っている模様です。成長にシフトしているのですが、これが花開くかが勝負。今期は、三菱自動車の燃費不正や先行投資の増加で、目先の収益は残念な状況に見えますが、ここを乗り切って、来年以降が正念場になってくると思います。

三菱自動車の海外の思い動きや日産との提携による動きに加え、三菱ふそうなどのバストラックの売上なども決して予断を許すものではありません。しかしながら、いろいろな要因を乗り越えて利益水準を底上げしてくれば、現状のかなり割安な株価は一気に火を吹く可能性があると思っています。

改めて業績を見ていて、少し買い増すことにいたしました。

頑張れイクヨ☆