ここから本文です

業績予想修正の影響が懸念されましたが、とりあえず140円は下回らずにすみました。ここにきて110円までの円安。業績予想の修正には織り込まれていないでしょうから、下期の業績に逆に安心感がでてきました。

四季報の情報がどこまであてになるのか心もとない部分がありますが、来期以降にむけてそれなりの規模の投資を行っている模様。にもかかわらず3円の復配を決めたことに、業績への自信を感じますし、そこからさらに円安ということであれば、さほど悪い想定はしなくてもいいように思います。

信用買残も100万株を割ってきております。本格上昇には時間も必要だと思いますが、落ち着いてホールドでのぞみます。

頑張れイクヨ☆