IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>836

創業者の経営思想なのだから仕方がない。

【世界に市場を求め、需要のあるところで生産する】     1952.10

本田宗一郎は創業後わずか4年目にして、世界一を目指す夢を語り、製品を世界的水準にまで高めること、世界市場で勝利を得ることを全従業員に求めた。
Hondaの海外展開は、2輪車の輸出から始まり、アメリカでの自前の販売網づくりなどを経て、世界各地での2輪・4輪・汎用製品の現地生産へと、積極的に企業活動の場を広げてきた。
それは、各地域のお客さまに喜んでいただける商品をタイムリーに提供するために、『需要のある所で生産する』という、Hondaの経営思想の具現化の歴史である。