ここから本文です

>>1017

マクロ経済が、企業の投資判断に大きく影響することは、ほんの少しでも経済に興味を持っている人ならば、常識でしょう。
アメリカの中国共産党潰し政策により米中摩擦が世界経済の先行きに黒い影を落としている事は誰も否定できないし、一部の楽観論者が言うように、商売人のトランプがどうせディールするだろうなんて甘い見通しは捨てざるを得ない事がだんだん見えてきました。
そんな中で、財務省とそのシンパの政治家が、増税を強行すれば、日本経済の沈没に終わらない、すなわち、日本初のリーマンショック級の事態もあり得ると思います。
たまたま、ホンダの四輪部門の停滞期に当たった事で、厳しい自動車部門の中でもホンダの株価が、より大きな洗礼を受けていますが、苦しい時に常に二輪部門が経営を支え、何度も苦境を乗り切ってきたホンダが、復活しないため筈がないと信じています。
目先の損で、感情的になる気持ちも分かりますが、損得だけの人は、撤退すれば良い事です。
ホンダファンは、支え続けていきます。