IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ikeさんよ

ひとつ、お願いがある。
昨日ぐらいまで、yukさんと、chan investment さんが、あるアカウントについての真偽を言い争っていた。(chan investment は私の別アカではない→ikemenさんなら文体などでそれが分かるはず)

掲示板を少し辿ると分かると思うが、簡単に言うと、『あるアカウントがフカヒレ氏本人のものか、いわゆる銀bによるフカヒレを真似たニセモノか』って議論。

実は可哀想なことに、議論は噛み合わず、結構別の分野で活躍するYouTuberでもあるchan investmentさんは、yukさんの書き込みに耐えられず長年の掲示板活動から一旦身を引かれました。

ikeさんから見て、そのアカウントがフカヒレ氏のものか、ニセモノか判定してyukさんに知らせてあげて頂きたいというお願いです。

私は、半導体製造装置を一週間まえに全株売却し、10月下旬まではじっと我慢のキャッシュいっぱいのお金持ち。1678やったかのインド株ETFだけは離さず持っているが。

市場での幸運を祈る。よろしく!

  • >>689

    青山さんお久しぶりです。懐かしい(表示名)

    フカヒレさんのアカウントは本人投稿分でも古いのはヤフーの嫌がらせで、IDが使えず、変更されています。銀bのフカヒレは変更を繰り返しているので現在は無いのでは?銀bが放置してなかったらね。

  • >>689


    ゴールドマン・サックス・世界債券オープンC

    No.33

    2021/09/08 11:56

    第四話

    【登場人物/銀次投資銀行】その2

    銀次はフカヒレ同様に他人を馬鹿にしたような投稿が多く敵が多かった。銀次はそれを嘲笑うかのように次々にいろんな個性的なサブアカウントのキャラを使い分け反撃していた。
    例えば、銀次を師匠と呼ぶ弟子のようなキャラ、あるいは全くマツダと関係ないようなことを毎日繰り返し書き込むキャラ。
    その頃は今のようなえげつない攻撃が少なく、今思えばむしろ牧歌的でさえあった。
    その頃の無数のキャラの中でも、朝が来たなど現在でも使われているキャラもいくつかある。

    今いる「銀次投資銀行」(糞投稿はやめましょうでお馴染み)は、私が作ったクローンで、銀次の口調を真似て主にyuk への反撃に使っている。
    当の銀次投資銀行は今は、私やike が言い出した銀次A、銀次Bの話に乗っかり、自ら「銀A 」を名乗っている。

    前話でも書いたように、銀次は冷静でデートレが上手く、人生を豊かなものにする時間の使い方が出来る男で、学ぶところが多い。最近はお手本にしている。

    銀次は自ら会社経営をしていると書いていたような記憶があるが、事実は分からない。東京だったか、横浜だったかのタワーマンションに住んでるらしいが、これも事実かどうかは定かでない。
    相模原かその近辺に生活の拠点か仕事関係関連場所があるという噂がある。

    ところで第1話から3話は?