ここから本文です

ここはスバルの掲示板ではないのですが。。北米北東部では少なくとも、手堅くやっている印象です。現在のPBRが物語っていると私も思います。ジープより故障が少なくて、四駆で、耐久性がある、ボルボ程お高くとまっていない、CMのセンスが良い。あと、どこかの調査で保険料率が一番低いのがアウトバックだとラジオで言ってたくらいで、アイサイト、買う人自体の運転に関する考え方も良いのだろうなと思った覚えがあります。ちなみに料率が高かったのはアウディでした。車種忘れてしまいましたが。アメリカは除雪も幹線だけ、街灯も暗いんですよね。。だから、安全性が評価されているのかなと思います。

  • >>941

    > ここはスバルの掲示板ではないのですが。。北米北東部では少なくとも、手堅くやっている印象です。現在のPBRが物語っていると私も思います。ジープより故障が少なくて、四駆で、耐久性がある、ボルボ程お高くとまっていない、CMのセンスが良い。あと、どこかの調査で保険料率が一番低いのがアウトバックだとラジオで言ってたくらいで、アイサイト、買う人自体の運転に関する考え方も良いのだろうなと思った覚えがあります。ちなみに料率が高かったのはアウディでした。車種忘れてしまいましたが。アメリカは除雪も幹線だけ、街灯も暗いんですよね。。だから、安全性が評価されているのかなと思います。

    スバルはバルブスプリング折損の恐れがある事を5年前からわかっていながら放置して、つい先ごろリコールを届けたようだな。
    問題はアメリカのNHTSAはメーカーが不具合を知ってから5営業日以内にリコールの届出を義務づけていることだ。
    更に日本のリコール届出の数日前には朝日新聞にバルブスプリングのリコールをすっぱ抜かれている。
    それ以前にも国土交通省にリコールの届出が遅いと指摘されている事例がある。
    つまりは業界内ではスバルのリコール隠しは常識となっているわけだ。
    以前はスバルはアイサイトなど安全性の高い車との評判も高かったが、昨年の不正検査では数十年にわたっての不正やブレーキ制動力の不正も明らかになって安全軽視の姿勢が明らかになった。
    つまりスバルはアイサイトや衝突安全性などセールスに影響する部分だけ点数を上げて目立たないところでは手を抜いてコストダウンする安全の商品化と安全軽視で利益を上げてきたわけだ。
    今のところ北米では長年の営業戦略が成功して売れているが、欧州ではほとんど売れていないことからも今のSUVブームの中で商品競争力を失っていくのは明らかだ。
    またアメリカでの懲罰的な賠償金や日本での型式指定取り消しの可能性も残る。