ここから本文です

一部の痴れ者が絶賛してやまない、
ノーベル賞級の世紀の大発明の新エンジンがこれであったのか。
まるで質の悪い冗談のようなエンジンであるな。

なんか発表の度にドンドン性能が下がってきている、と存ずる次第であるな。
本当にこんな物を発売するとは、

これは魂消た驚いた...と存じます。

7261 - マツダ(株) 一部の痴れ者が絶賛してやまない、 ノーベル賞級の世紀の大発明の新エンジンがこれであったのか。 まるで