ここから本文です

自動車評論家河口まなぶ氏のレビューを見ると、マツダ3はよくできているそうだ。
特に、モーターアシスト。
なめらかに、ヒタっと、トレースする。

ヒタっと感。乗った瞬間から驚きの連続で、Cセグメント、VWを明らかに超えている。

これが、次世代商品群。
マツダの、欧州車、世界を圧倒的に凌駕する実力は、日本、欧州含め知る人ぞ知る。

多くのメーカーが、危機感を持って見つめている。

次期CX-5、あるいは、CX-55号(ルマンにあやかり)になるのか?
楽しみだ。

ヴィジョンクーペ、この動画も見ると、
フェラーリなどのクラシックカーに混じって、ヴィジョンクーペが現れる。
手作りのモデリング。光と影、映り込みは、
ミケランジェロカラヴァッジオかプレデターのようだが、
これは、日本の美学とのこと。

最低地上高、クリアランスが欲しいところ。

車幅は重要。
CX-5と、F-PACEやマカン、カイエン、ボルボを並べた時に、
車幅で圧倒する必要がある。

ミラーTOミラーは現行どおり、アルベルと同じ。

そして、ディーゼル。