ここから本文です

スーパーゼネコンの構造担当者に聞きました
カヤバが2年後に建築ダンパーの
新規受注を再開しないと非常に困るそうです
カヤバにとってみれば、利益率が悪いため
納品済み製品のリコールで撤退したいところですが、
他にここまでの生産能力があるメーカーがないため、今後の製作を懇願しているそうです
制振は摩擦ダンパーなどの代替品で何とかなっても、免震がどうにもならない
スズや鉛のダンパーでは、すぐにヒビが入ってしまいダメ
よって、ゼネコンはリコールに協力せざるを得ない
発表された、損失引き当て額について、増える事はあっても、その桁が変わる事は無い。つまりグループの事業継続に支障ない範囲での増加でしょう
数年スパンの長期では買いだと思います