ここから本文です

社員の方々は家のローンやお子さまの教育資金など、様々な出費を控えている中で、さぞかし不安なことでしょう。
タカタのような10年近く経過した製品の劣化の予見や、シャープのような東南アジア諸国の急激な台頭など、ある意味で他責な要因で不振に陥ったなら少しはしょうがないと思いますが、この会社の場合は北米のボッシュのお荷物を掴まされた(ババを掴まされた)という点では、自爆のようなものと思います。
社員の皆様が不憫です。