IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

<東証>ファルテックが反発 新型車の自動ブレーキ搭載義務化で思惑

2019/12/17 11:32
409文字
[有料会員限定]

(11時25分、コード7215)ファルテックが反発している。一時、前日比104円(9.2%)高の1230円をつけた。赤羽一嘉国土交通相は17日、国産の新型乗用車を対象に、2021年11月から自動ブレーキの搭載を義務付けると発表した。ファルテックは障害物を検知するミリ波を透過する特殊カバーを手掛けており、自動ブレーキ義務付けで需要が増大するとの思惑から買い優勢となった。

17日付の日本経済新聞電子版によると、自動ブレーキは後付けでの搭載が難しく、販売済みの車は対象としない。輸入車については24年以降、順次適用するという。

ファルテックの株価は発表後、一時大幅高となったが、戻ったところでは利益確定売りが出て次第に上げ幅を縮めた。市場からは「すでに11月下旬から出ていた報道で急伸しており、自動ブレーキに関連した買い材料はほぼ織り込んだ」(国内証券の投資情報担当者)との見方があった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕