ここから本文です

日本車のカタログ燃費、なぜ実燃費より大幅に良いのか?

御存知の通り自動車のカタログに記載されている燃費と、実際の燃費は大きく乖離している。大雑把なイメージで言えば、カタログに出ている数字の60~65%程度が実力。例えばトヨタ・プリウスのカタログを見ると、1リッターで37,2km走ると記載されているものの、普通に走れば20~25km/Lの間くらいだと思う。

ちなみにアメリカでも全く同じタイプのプリウスを販売しているけれど、カタログ燃費は22,8km/Lで実燃費に極めて近い。同じくマツダ・アテンザだって、2,5リッターエンジン搭載車のカタログ燃費が16km/Lなのに対し、アメリカで販売されている同じエンジン搭載車のカタログは12,3km/Lとなっている。これまた実燃費に極めて近い。

三菱自動車の燃費不正問題で国交相は「燃費の計測方法を変える」と言っているけれど、今の誇大な燃費計測方法を推進しているのは国交省である。自動車メーカーからすれば、日本もアメリカ方式を採用してくれた方がユーザーの信頼感を得られるため、出来れば実燃費に近い燃費表示にして欲しいと以前から思っている。

今回の問題で国交相が「日本の誇大カタログ燃費見直す」と言っているようだけれど、その計測方法を変えてこなかったのは国交省であり自動車メーカー側からすると「とっととやって欲しい」。参考までに書いておくと、アメリカではカタログ通りの燃費が出ないとメーカーは訴えられてしまう。健全だと思う。