ここから本文です

>>892

購買意欲を得るために、昔は、商品とかけ離れたイメージ戦略のADが横行したが、いまだ続けているのが三菱自動車のようだ。日産もにたりよったり。

車も1人に1台以上ある時代に、購買に結び付けようとするなら、地道な商品特性の改善しかないはずだが、一向に気づかないのが、自工のようだ。まして、数年前の不正品質に対する社会的弁済も満足にせず(日光のサル並みの謝罪の素振りはするものの、社会的弁済などの詳細内容を公開すらしない姿勢を見てみても、まともな企業には到底思えない)早々と広告費には多額の金を費やす企業に、はっきり市民は背を向けて当然なのである。