IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

福岡工業大学の高原教授の研究室では、アルミニウムの削りくずを加工して再利用し、水素を抽出する技術を研究しています。

アルミニウムの廃材は工場で金属の部品などを作る際に大量に出るもので
非常に小さな粒子にすることでアルミが水に反応し、水素が発生します。

アルミ1グラムからおよそ1リットルの水素を作ることが出来るとの事。

欠点は、アルミを精製するのに、ものすごく電力を食ってしまうが、今後の研究に期待できそうです。