IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

トヨタ自動車は7日、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)に搭載する車載電池について2030年までに1兆5千億円投資すると発表した。具体的な新工場計画などは明らかにしていないが、中国や米国など主要地域での投資を想定する。国内ではパナソニックとの合弁会社プライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES)などと生産能力を拡大する。脱炭素化に合わせて急拡大する電動車の需要に対応する。