IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日産自動車は・販売奨励金・を大幅削減した・と云う記事が今日の日経聞12面に大きく記されて居ましたね!…其の為、1台当たりの利益率
が上がった…販売台数も徐々に回復して居るので、工場リストラ効果と合わせて、営業赤字縮小3割減…と記されて居ましたね!←此れが
減れば販売費用の抑制に繋がり収益を押し上げる効果が見込める!…其の上、販売台数も伸びて居る為、半導体不足デモ在庫水準が下がり、
奨励金を削減しても売れる状況で有った事も
業績回復には追い風で有った!

中国、北米などの回復で21年3月期通期の世界
販売台数は405台と計画より3万台以上膨らんだ
ようだ。
広告宣伝費削減など合理化も進み収益を押し上げた!…尚、トヨタ、ホンダと比べるとなお、
数百ドル高いので、今後も販売台数を伸ばすには、付加価値の有る車の投入継続が不可欠だ!
生産能力の削減や車種の絞り込みなど収益構造を改善させつつ、攻めの投資に使う資金を効率
良く捻出出来るかも焦点に成る!
日産の連結業績予想では、21年3月期が2000億円の赤字、22年3月期が1200億円程度の黒字、
←市場予想の平均………と…記されて居ます!