IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>114

僭越ですが先ずは私の選択です。
6ヶ月の制度信用です。
無期限の一般信用は使ってはいません。
理由は特には有りません。
ただ、単純に思うに一般信用程の長期にわたっての空売り継続は私には想像できないということ・必要なさそうということですかね。
たしかに中には3年ぐらいに渡っての下落が継続する場合もありますが、そんな予想は自身が出来ませんので必要ないということです。
株価の上昇よりも暴落する方が短期で激しいので3割ぐらいの大幅暴落調整でも1ヶ月ぐらいで勝負がつくと思っています。
半年後には元に戻っている事の方が多いと思います。
という私の判断都合で自然に6ヶ月です。

他の皆さんはどのように運用しているのかは知りませんが、SBIならば口座の現金が信用担保となり、万が一追証が必要になってもこれで足りるぐらいの金額があれば済む程度の信用取引枠内でやっています。

ご貴殿もSBIだと思いますが、現物株式も多くお持ちでしょうからこれも担保株と見なされますので自由度は相当にあるかと思います。

私は以前は4社に口座を開いていました。
年ですので証券会社を絞ってきて実質2社での取引を分けて行っています。
そこで得た今までの経験からはSBIが気楽に信用取引が開設できる証券会社だと感じています。
証券会社によりけり、うるさ型のところもあれば緩いところもあるような気がします。

お金にルーズな人はうるさ型の証券会社を選んだ方が本当は良いことだと思います。
SBIはご存知の通り口座の全資産対象に信用取引枠が表示されますので、お金にルーズな人は枠組みいっぱいに使ってしまうのではないのかとちょっと危惧しています。(他人のことですので物見心もありますが)

聞きかじったところではSBIの口座平均は800万円ぐらいで野村は2000万円ぐらいだと聞いたような気がします。
さすればSBIでの信用枠の平均は2000万円ぐらい。
野村は6千万円ぐらいかと推定いたします。
この部分は直接関係ないですが他の人とコミュニケーションをとる場合は信用枠の資金力のレベルを合わせないとこのお話も参考にならない場合があるかと思います。

  • >>125

    いろいろと有益な情報をありがとうございます。

    「カラ売り」中心なら制度信用なのでしょうね。信用買では、一般信用の方が金利が安い(SBIは年利1.8%)ようですね。6ヶ月以上持って、資金を作って現物にするといったことも考えると、信用買なら「一般信用」を使う手もあるのかもしれませんね。

    米国株も少しやり出したので、米国株については、時間外取引も扱ってるマネックス証券に口座を持とうかとも考えています。でも最近出たSBIの米国株アプリ、すごく使いやすいですし、SBIもそのうち、時間外取引も扱うような気がします。

    (従来型の証券会社は、日興、大和と使ってきましたが、手数料が高いので全く使わなくなりました。投資額が小さかったので、相談に乗ってもらった経験もほとんど無かったです。)