ここから本文です

>>162

生命と言うのは小さく見れば、一代で終わりだが、大きく見れば、末代まで続く。植物をみれば、秋に種を地中に落とし、自分は枯れるが落とした種は寒い冬を越して再び春には芽を出して花を咲かせる。株だって同じだ。爺様の代では上がらなくても、孫の代では上がるかも。だから、孫に残す。これこそ本当の、100年投資!含み損を抱えた爺様達よ安心して枕を高くして寝て下さいよ。お孫さんは大事にしようね。(笑)